The Voice of GermanyでLamb of GodのカバーをしていたStefanie Stuberのライブが見たい

Lamb of God「Ghost Walking」のカバー

youtu.be

足でボタン押す審査員ww

ラムゴ!ラムゴ!ラムゴ!

(The Voiceのその後のステージではリンキンパークとか選曲は良かったんだけど、バトル相手がイマイチでな・・・)

 

本家様はこんな感じ。いやかっけーな。

youtu.be

 

The Voiceでの彼女の活躍、日本ではamassが取り上げてくれてたぐらい・・・

amass.jp

 

彼女のチャンネルはこちらですが

www.youtube.com

エヴァネッセンスとかやって欲しいなーと思って見てみたら、エバネではこれやってた。

youtu.be

カバー動画や宅禄じゃなくて、ライブ動画見たくて探したんだけど、ほんっとコロナって・・・(n回目)

フェスとかでゲストボーカルとしてステージに招き入れられる彼女を見たかったし、地元のアマチュアバンドで歌ってるファンカムとか見たかったよー。

 

宅禄で一人、壁とPCとマイクに向かってやる音楽で一番虚しいのってメタルだと思う。子供部屋でデスボイスかましてヘドバンして、せいぜいゲーミングチェア倒して多少の物を壊したところでな・・・サークルモッシュもウォールオブデスもない宅禄、虚しい。

これスタジオセッションだったら、多分ここまで虚しくない。メタリカの練習動画とか見てて面白いし(あのおっさん達元気だし)

彼女をボーカルに迎えるバンドはないのかな、バンドに紅一点って難しいのかな、エヴァネッセンスの時はどうだったんだろうって、試しにウィキを読んでみたら

ja.wikipedia.org

エヴァネッセンスは、エイミー・リーベン・ムーディーが中学時代に出会ったことに始まる。リーがユース・キャンプ中のレクリエーションでミート・ローフの「愛にすべてを捧ぐ (I'd Do Anything For Love)」(『地獄のロック・ライダーII』収録)をピアノで弾き語りしているのに惹かれ、ムーディーが一緒にバンドをやろうと持ちかけたのだ。

ミートローフを弾き語りする美声の美女と出会えるサマーキャンプ・・・?

もしもしすみません、それは日本でも出会えるシチュエーションですか?

 

難易度高いな。

バンド結成の由来が何かロマンティックな逸話が多いというのは何となく分かった。

八三夭の馴れ初めもエモかった。

n-miharu.hatenablog.com

しかしだからといって、そのネタで「明日之子4」というサバ番を丸々一本作ってしまう、さすが目のつけどころがテンセント。

youtu.be